ゆーじのUnity備忘録

備忘録として不定期で記事にしています。
主にUnityですが、Maya、GIMP、iOS等の話とかもしたり。
開発アプリ→http://appstore.com/yusukenakajima

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

06
2016  08:02:02

イベント関数(3)

イベント関数の記事は3回目ですが、あと使えそうな便利そうなものといえば最後に呼び出される関数ですかね。。。
OnApplicationPoseとかもアプリとか作るようになれば必要そうですけど、まだその段階ではないので(笑)


Reset:Resetコマンド実行時

Awake:プレハブのインスタンス化直後
OnEnable:オブジェクトを有効にした直後
OnLevelWasLoaded:シーンがロードされた直後

Start:最初のフレームの直前

OnApplicationPose:バックグラウンドに行ったフレームの最後

FixedUpdate:一定間隔で
Update:フレーム毎に
LateUpdate:Updateの直後

OnPreCull:カメラがシーンを間引く直前
OnBecameVisible/OnBecameInvisible:オブジェクトがカメラに対し表示/非表示になるとき
OnWillRenderObject:オブジェクトがレンダリングされたとき(一度のみ)
OnPreRender:シーンのレンダリング開始前
OnRenderObject:全シーンのレンダリング終了後
OnPostRender:レンダリング終了後
OnRenderImage:画面レンダリング終了後
OnGUI:GUIに応じて
OnDrawGizmos:Gizmos描画に使用

yield:全Update()処理後
yield WaitForSeconds:全Update()処理後に指定時間経った後
yield WaitForFixedUpdate:全FixedUpdate()処理後
yield WWW:WWWダウンロード完了後
yield StartCoroutine:MyFuncコルーチンが最初に完了するのを待つ

OnDestroy:オブジェクトが破棄される直前のフレーム更新後

OnApplicationQuit:アプリケーション終了直前、再生モード停止直前
OnDisable:動作が無効になった時


参考:Unity-マニュアル:イベント関数の実行順



3. 最後に呼び出される関数

OnApplicationQuit

これはアプリケーションの終了前に呼び出される関数です。
エディターでは再生終了時に呼び出されます。


OnDisable

スクリプトが無効になった時に呼び出されます。
スクリプトを非アクティブにしたり、アタッチされているオブジェクトを非アクティブにしたり。

非アクティブにした時だけでなく、廃棄した時にも呼び出されます。
また、シーン終了時にも呼び出されます。


OnDestroy

スクリプトやアタッチされているオブジェクトが廃棄された時に呼び出されます。
非アクティブになっただけの時には呼び出されません。
これも同様に、シーン終了時にも呼び出されます。



3つの関数の実行順は、
OnApplicationQuit → OnDisable → OnDestroy
です。
qaz.png
関連記事
スポンサーサイト

 Unity備忘録

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。